昭和元禄落語心中 一覧

昭和元禄落語心中(2~5巻)【八雲と助六篇】 雲田はるこ の感想

160203

八雲が語る昔話・・・
物語は2巻の途中から「八雲と助六編」へと進みます。
二人の落語家の出会い、成長、そして別れ・・・
小夏の両親の死の真相などが明かされていきます。

※以下ネタバレ注意です。
続きを読む→


昭和元禄落語心中(1〜2巻)【与太郎放浪篇】雲田はるこ の感想

160114_

昭和の落語界を舞台に、昭和最後の大名人といわれる落語家とその周囲の人々のドラマを描く。
刑務所を出所したばかりの元チンピラ与太郎は、憧れの落語家、八代目有楽亭八雲の弟子となり、奮闘する日々を送るのですが・・・

※以下ネタバレ注意です。
続きを読む→